安全かつ効率よく荷造りをするためのテクニックを紹介

効率よく荷物を運ぼう

「荷造りはとにかく手当たり次第、ダンボールに荷物を詰めていけばOK」
こんな風に思っていませんか?

これは大間違いです。普段使っているものをどのように荷造りしていくかで、引っ越しにかかる料金が変わってくることがあるため、荷造りもできるだけ気をつかってやるべきなのです。

荷造りをするときに覚えておいて欲しいポイントは以下の5つです。

・なるべくコンパクトに、そして壊れないようにしっかりと梱包する
必要のないものは捨てるかリサイクルショップに売ることをオススメします。

・荷物は普段使わないものから梱包する
すぐに使わない本、雑誌、CD・DVD、食器類や、オフシーズンの衣類などから先に梱包をしていってください。

・ダンボール箱の底は交互に組み込まず、テープを貼って組み立てる
あまり知られていませんが、テープで貼った方が強度がUPします。

・ダンボールに中身がわかるようにマジックで内容を書いておく
できるだけ詳しく書いておけば、引っ越し先で荷物を開くときに便利!また、どの部屋に置くのかも書いておくと、新居にスムーズに運び入れることができます。

・最低限の生活用品は、最後に荷造りする
すぐに生活を始めるために必要な生活用品は、まとめるようにしてください。
また、目立つようにダンボールに内容を記載してください。

この5つのポイントをベースに荷造りをしていってください。
そして、さらに生活用品ごとの詳しい梱包方法についても、以下にて説明します。

生活用品ごとの具体的な梱包方法

食器類

とても壊れやすい食器類は、ダンボールに新聞紙やタオルを敷き詰め、食器も新聞紙やタオルで包んで隙間がないようにつめます。

隙間ができると割れてしまいやすくなりますから、隙間が開くようであれば新聞紙やタオルをつめて箱の中を固定してください。

ダンボールの外側にも「ワレモノ」と書いて、引っ越し業者の人にもわかりやすいようにしておけば、丁寧に扱ってもらえます。

タンス・机など

タンスや机は、中身を出し、ダンボールにつめます。引っ越し業者に依頼するとたいてい梱包して運んでもらえますが、自分で運ぶ場合、小規模の引っ越しの場合は、引き出しが出ないように縛っておくと運びやすくなります。

書籍・雑誌

1冊1冊は軽くても、一箱にぎっしりつめてしまうと、重くて運び辛くなるため、小さめの箱に詰めるようにしてください。

コレクションしたい気持ちもわかりますが、大半の本は二度と読まない可能性も高いため、不要となったものは、オークションやブックオフなどで売ったり、ゴミとして処分することをオススメします。

ふとん類

布団袋に詰めるようにしてください。可能であれば圧縮袋に入れて圧縮すると、コンパクトで運びやすくなります。布団袋がない場合は、シーツや風呂敷などでくるんでおいてください。

電気製品

テレビやオーディオ、洗濯機、電子レンジ、冷蔵庫などは、電源や配線をはずして、布団や毛布などにくるんで運ぶと傷つけず運ぶことができます。

冷蔵庫については、製氷機や蒸発皿、洗濯機の水などは捨てておかないと、周りの荷物までびしょびしょになってしまいます。

家電製品は慎重に取り扱わないとすぐに壊れてしまうため、できる限り引っ越し業者に運んでもらうか、新居で新たに購入することをオススメします。

パソコン

デリケートなパソコン。床に落としただけで簡単にデータが消えることもあるので、万が一に備え、データのバッグアップを取っておいてください。

また運ぶときには、元々入っていたダンボールなどに梱包するのがベスト。サイズが大きいからと言って、そのまま運ぶのはやめてください。

何をどれだけ持って行くかを見極めよう

荷物の運搬を引越し業者にお願いするのであれば、どれくらいの荷物を運んでもらうのかを先に決めてしまうことをオススメします。

業者さんに依頼する費用は、運ぶ荷物の量によって変わってきます。

どの荷物の梱包を業者さんにお願いするかを明確にしておけば、あなたは残りのものを丁寧に梱包する余裕も出てきます。

このように自分でやるべきことと、お願いできてしまうことをわかりやすく線引きすることで、効率よく引越しの準備を進められるようにしてください。