引っ越し時に「これだけはやっておくべき!」という経験談を紹介

何事も経験をしてみて、はじめてわかるということがあります。

特に引っ越し当日までに、どのような準備をしておけば良いのかは、
経験者でなければわからないことがたくさんあります。

そこで、ここでは経験者が実感した
「より引っ越しをスムーズかつ効率的に進めるためのテクニック」を紹介します。

はじめて引っ越しをする人には参考にしてください。

転居先の間取り図と、荷物をどこに運べばよいかを伝えておく

前日までに新居の間取りを描いておいて、どの部屋にどの荷物を運んで欲しいかを伝えられるようにしておいてください。作業を始める前に、その間取り図で打ち合わせをしておくと、口答で説明するよりもスムーズかつ正確に伝えることができますよ。

引っ越し先の道路に車がおけるか確認しておこう

荷物を運ぶトラックなどは、家の近所の道路に止めることになります。そのため、転居元、転居先ともに、違法駐車が多い地域ではスムーズに引っ越し作業ができないケースも考えられます。

そこで、引っ越しをするまえに、大家さんや管理会社にトラックを止めることができるのかを確認・相談しておくことで、駐車違反の心配をすることなく作業ができます。

貴重品は1つの鞄にまとめて、肌身離さず持っておこう

引っ越し当日は、お財布や時計、携帯電話などの貴重品は1つの鞄にまとめて、自分で持っておくようにしてください。運び出す荷物と一緒においておくと、そのまま一緒に持って行かれてしまう可能性もあります。貴重品がなければ、生活や移動ができなくなってしまうので、貴重品の管理だけはしっかりとするようにしてください。

業者が来る前にご飯を食べておこう

たいしたことではないのですが、引っ越し作業中にはほとんどの場合食事をまともに取ることができないので、業者が来る前に食事をしっかり食べておくと良いですよ。お腹が空いていると力がでませんからね。

高価な物が入っている箱については業者の方に説明をしておこう

高価な物や割れ物が入っている箱については、慎重に扱ってもらいたいですよね?そこで、そうしたものが入っている箱については、箱の側面にわかりやすく書いておくだけでなく、直接業者の方に伝えておくことで、慎重に扱ってもらうことができます。

荷物に傷がついたときの保険の話を、作業前にしておく

業者の方が来た時点で、荷物に傷がついたときの保険がどうなっているのかをその場で確認するようにしました。これは保険内容の確認というよりは「こいつは面倒だから、丁寧に荷物を運ぼう」と思ってもらうためです。おかげで(?)荷物を傷つけられず、最後まで丁寧に運搬をしてくれましたよ。

このように経験者ならでは賢いテクニックがあります。
少しでもスムーズかつ効率的に引っ越しを済ますためにも、ぜひ活用してみてください。