まずは、どのように引っ越しをするかを決めてください

引越しのスタイルを決めよう

引っ越しをするときには、どのような方法で荷物を運ぶのかを決めるとスムーズに進められます。

荷物を運ぶスタイルとしては以下の3つです。

  • 軽トラックを利用して自分で運搬
  • 引っ越し業者の単身パックを利用
  • 引っ越し業者に完全に依頼

ここではそれぞれのスタイルについて詳しく説明していきます。

それぞれにメリットとデメリットがあるため、あなたが何を重視して引っ越しをしたいのかを考えて、自分のスタイルを決めてください。

軽トラックを利用して自分で運搬

対象

これまで住んでいた場所から近いところに引っ越す人や、学生・若い社会人など、時間と体力がある人にオススメのスタイルです。

メリット

とにかくコストがかからないことが最大のメリットです。軽トラックをレンタルして、ガソリンを満タンにして返却しても1万円程度で抑えることができます。また、レンタカーを返却するまでであれば、自分のペースで進めることができます。

デメリット

素人が荷物運びをするので、荷物や家に傷を付けてしまうというデメリットがあります。また、体力を非常に使うことになるのもデメリットと言えます。

引っ越し業者の単身パックを利用

対象

1~2人暮らしで、ファミリータイプの冷蔵庫や洗濯機がなく、荷物が少ない人にオススメ。

重い荷物を運べない女性にお方や、お金と労力をそれほどかけずに引っ越しをしたい方にも良いです。小型の冷蔵庫、洗濯機など家電製品を含めたすべての荷物が、押入れ一段分くらいの量であれば、単身パックで十分です。

メリット

こちらも費用は20,000円程度で済むため、かなりお得です。しかも、引っ越し業者のスタッフさんが荷物を運んでくれるため手軽かつ安心です。単身で引っ越す場合には、主流となっているサービスです。

デメリット

パックの中に荷物が収まれば問題はありませんが、少しでもオーバーしてしまうと、追加でお金が発生することになります。自分で梱包をする必要があるので、少しだけ手間がかかります。

引っ越し業者に完全に依頼

対象

一人暮らしでも大きな荷物がある場合や、極力時間をかけずに引っ越しをしたい方は、完全に引っ越し業者に依頼するという方法がオススメです。

メリット

梱包から運搬までほとんどの作業を引っ越し業者がやってくれるため、とにかく手軽に引っ越すことができます。

デメリット

全てを依頼することになるので、人件費も含めて、費用がかなり高くなります。お金をあまりかけたくない人にはあまりオススメできません。

とりあえず、単身で引っ越す場合には、まずは「単身パック」であれば、いくらで引っ越しをすることができるかを確認してから、どのスタイルを選ぶかを決めると良いです。

単身パックの値段をベースにしつつ、どれくらいの費用と、労力をかけることができるのかを自分で決めて、最終的に引っ越しのスタイルを決めてください。

引越しスタイルに悩んだら、費用で判断しよう

もし、どの引越しのスタイルにするかを悩んだら、
まずは普通に引越し業者に依頼した場合の費用を知ることから始めてください。

大体の費用を知ることができれば、どこまでをお願いすることができて、
どこまで自分でやるべきなのかの判断がつきやすくなるはずです。

引越しで最もお金がかかるのが、荷物の運搬代です。
費用の目安を知っておくことは、とても大事なことなのです。