引っ越しにかかる費用は、どのように決まるのか?

引っ越しの料金は、以下のポイントをもとに、引越し業者がそれぞれ設定をしています。

  • 荷物の量
  • 規模
  • 引っ越し先への距離
  • 引っ越し作業を開始する時間
  • 作業終了までにかかる時間

しかし、設定している料金は違うものの、基本的な計算式はどの引っ越し業者・運送業者でも同じ計算式を使っています。計算式というのは以下の通りです。

基本的な引越料金=基礎運賃・基礎作業料金+実費+付帯サービス料金

この計算式について、もう少し具体的に説明をしていきます。

基礎運賃・基礎作業料金

国土交通省によってあらかじめ定められているのが基礎運賃・基礎作業料金です。
引っ越し業者が到着してから会社に戻るまでの内容(時間・距離)によって決定します。

この時間には「基礎時間」というのが決められており、基礎時間は、
4時間or8時間(軽貨物運送業者の場合は2時間or8時間)というのが一般的なルールになっています。

また、基礎時間を一時間を超過するごとに追加料金が発生するルールにしている会社がほとんどです。

そして、基礎距離は100km単位(軽貨物運送業者の場合は30km)で計算され、こちらも輸送距離が基礎距離を超えると追加料金が発生します。

実費

引っ越し作業員人数分の作業料金、ダンボールなどの資材費、有料道路通行料などが実費として計算されます。

有料道路通行料に関しては、引っ越し業者或いは運送業者が片道分を負担することが慣例になっています。

遠方の引っ越し業者に依頼を行うと、見積もりの際に交通費が請求されることもありますし、フェリーを利用する場合のフェリー代金は引っ越し依頼主が払います。

付帯サービス料

エアコンの取り付けや取り外し、ピアノなどの運搬、不用品の処理などを依頼すると、付帯サービス料として請求されます。

引っ越し業者が自社で対応する場合の料金は、割安のところが多くなっていますが、引っ越し業者が提携業者に依頼するような場合ですと、作業料金として高く請求される傾向にあります。

それ以外にも、リサイクルショップなどで不用品の処分が間に合わなければ引っ越し業者の方が代理でしてくれることがあります。この場合にも、事前にいくらくらいの費用がかかるかを確認しておくことを忘れないでください。

このように、引っ越し料金には、基本的な計算方法があります。

注意したいのは、「内金」や「手付金」です。

引っ越し業者を含む運送業者は、「内金」や「手付金」を請求することを禁止されています。万が一請求された場合、その業者は優良な業者であるといえません。見積もりのときなど、事前に確認をしておくと安心です。

引越しの費用はいくらかかるの?

最終的には
「で、結局はいくらかかるの?」ということが重要になるはずです。

はじめにも説明しましたが、基本的な料金計算方法は同じですが、サービス内容によって業者ごとに引越しの料金は違いますので、具体的な費用をこちらで予想することはできません。

ですので、引越しをするときには複数の会社から見積もりを集めて比較をするのが最も賢い方法と言えるのです。

見積もりの金額と各社のサービス内容を比較することで、自分の引越しスタイルにあった会社を選んでください。