単身での引越し【やることリスト】

「単身(一人暮らし)で引っ越すときには、どんな手続き・準備をすれば良いの?」

引越しをするときには、色々な手続きや準備をしなければいけません。
特にはじめて引っ越しをする方は、何から手を付ければ良いかわからないはず。

そこで、やらなければいけない各種手続き、やることリストを時系列にまとめました。

必要な手続きを順番に済ませていくことで、効率的に引越しを進めてください。
(以下のやることリストを印刷して1つずつ潰していくことをオススメしますよ)

引越し業者はもう決めましたか?
複数の業者から見積もりを取ると、一人暮らしの単身パックでも引越し料金があと1万円以上安くなることがよくあります!無料で利用できて、5分で終わります。試してみると価格差にびっくりするかも。

↓↓↓↓↓↓↓↓
今イチバン元気がいい引越し侍がオススメです

引っ越しが決まったらすぐに

  やること 詳細
新しい家探し 新しく住む家を探しに行ってください。新しく住む家を決めなければ各種手続きは進められないので、最優先事項となります。
引越し業者を選ぶ あなたの引越しスタイルに合わせて、お得な引越し業者を探してください。(参考:業者の選び方
賃貸住宅の解約 これまで賃貸住宅に住んでいた方は、管理会社または家主に連絡して解約の旨を伝えてください。契約期間が満期になる前での引っ越しの場合、1ヶ月前に連絡をしなければいけないという契約になっていることが多いです。
荷物の箱詰め開始 引っ越しが決まった時点で、少しずつ荷物をダンボールに箱詰めしていくことをオススメします。必要ない物は早めに処分しておくと準備がスムーズに進められます。
粗大ゴミの処分 大型の粗大ゴミを処分する場合は、市区町村役所へ電話し、粗大ごみの引き取りを予約する必要があります。

引っ越しの10日前まで

  やること 詳細
電話・インターネットの移設 電話会社と、インターネットのプロバイダーへ連絡して、移設の手続きをしてください。NTTの管轄が東日本と西日本で変わる場合には、新たに契約をしなければいけません。
(参考:インターネットの開通方法
郵便物の転送届け 新しい住所に郵便物を届けるため、郵便局の窓口にある転居届に、必要事項を記入して投函してください。
新聞・牛乳・食材宅配サービスなどの住所変更届 定期購入している商品があれば、早めに解約の連絡をしておいてください。タイミングが遅れると余分にお金を請求されることもあります。
NHKの住所変更届 NHKの受信料の支払いのため、住所変更をしておいてください。
※NHKフリーダイヤル/0120-151515(9時~20時まで受付)
転居はがきの作成 近所や知り合いの方に引っ越し先を連絡するためです。早めに転居はがきを作っておくことをオススメします。

引っ越しの1週間前まで

  やること 詳細
転居届 住んでいる住所を管轄している市区町村役所へ印鑑を持参して、転出証明書の発行手続きをしてください。
電気の住所変更 旧住所と新住所の管轄の電力会社へ電話して、解除と新契約をしてください。 (停止・開始の立会は必要ありません)
※後日、電力会社から最終月の使用料の明細が送られてきます。
ガスの手続き 旧住所と新住所の管轄のガス会社へ電話して、解除と新契約をしてください。 新しく契約する住所では、使用開始日にガス会社の人が元栓を開けてくれるため、立会が必要となります。
水道の手続き 旧住所と新住所の管轄の水道会社へ電話して、解除と新契約をしてください。 (停止・開始の立会は必要ありません)
銀行など各種金融機関の手続き 口座を開設している銀行や、カードを作っている会社に電話をして、住所変更をしてください。

引っ越し前日

  やること 詳細
冷蔵庫の水抜きと庫内掃除
洗濯機の水抜き
テレビなどの映像機器・オーディオ機器の配線を外し
石油ストーブの灯油抜き

引っ越し当日(旧居にて)

  やること 詳細
荷物の運び出し 新しく住む家を探しに行ってください。新しく住む家を決めなければ各種手続きは進められないので、最優先事項となります。
部屋の掃除 これまで賃貸住宅に住んでいた方は、管理会社または家主に連絡して解約の旨を伝えてください。契約期間が満期になる前での引っ越しの場合、1ヶ月前に連絡をしなければいけないという契約になっていることが多いです。
電気のブレーカーを落とす 引っ越しが決まった時点で、少しずつ荷物をダンボールに箱詰めしていくことをオススメします。必要ない物は早めに処分しておくと準備がスムーズに進められます。
近所へのあいさつ 大型の粗大ゴミを処分する場合は、市区町村役所へ電話し、粗大ごみの引き取りを予約する必要があります。
鍵を返却 大型の粗大ゴミを処分する場合は、市区町村役所へ電話し、粗大ごみの引き取りを予約する必要があります。

引っ越し当日(新居にて)

  やること 詳細
電気の使用開始 電気のブレーカーを上げれば利用できるようになっています。電気が使えない場合は、大家さんか管理会社まで連絡してください。
ガス開栓の立会い ガスの開栓には、立会いが必要です。引っ越し当日に立会を指定しておくと、その日のうちからガスを利用することができます。

引っ越し後1~2週間以内

  やること 詳細
転入届 新居に引っ越してきてから、14日以内に市区町村役所へ転入届を提出する必要があります。その際には転出証明書・印鑑を持参してください。ちなみに、14日以内に転入届を出さなければ、5万円の過料を支払わなければいけないと法律で定められています。(実際にお金を取られることは滅多にありませんが・・・)
クレジットカードの住所変更 各カードを発行しているクレジット会社へ、住所変更・引き落とし口座の変更手続きをしてください。
運転免許の住所変更 新居を管轄している警察署、または運転免許センターにて運転免許証の更新をすることができます。同じ都道府県内で引っ越しをした場合は、免許証・住民票を持参すればOKです。他の都道府県から引越しをした場合は、これに証明写真1枚も必要となりますので、準備してください。
自動二輪、自動車の登録変更 新居を管轄している陸運支局へ、車庫証明・車検証・住民票・印鑑と車を持参のうえ手続きしてください。
管理人への挨拶 集合住宅に引っ越した場合は、必ず大家さんなど管理人に挨拶をしておくことをオススメします。ゴミ収集のルールなども確認しておくと良いですよ。
近所へのあいさつ 快適に生活をするためにも、近所の人への挨拶は欠かさずに行っておいてください。高価な物ではなくても良いので、1,000円程度のお菓子を持って行くだけでも、相手には好印象を与えることができます。